NEWS

『★』のデザインを手がけたグラミー受賞デザイナー ジョナサン・バーンブルックによる 完全招待制のトークショーが4月6日に開催!! トークショー参加抽選会は3/22より会場にて開始!

 

今年2月に開催された第59回グラミー賞にて、最多5部門を受賞したアルバム『★』(Blackstar)のアートワーク・デザインを手がけ、同アワードでも「最優秀レコーディング・パッケージ」(Best Recording Package)を受賞したグラフィック・デザイナー、ジョナサン・バーンブルックを迎え、4月6日(木)夜、「DAVID BOWIE is」日本展会場の1Fに併設されている「DAVID BOWIE is CAFE」にて、70名完全招待制のイベント『DAVID BOWIE is ジョナサン・バーンブルック プレミアム・トークショー』を行う事が決定しました。

 

ジョナサン・バーンブルックと彼のスタジオは、英国で最もよく知られたデザイングループの1つ。 彼らは2000年以降、デヴィッド・ボウイのアルバム・アートワークのメイン・デザイナーを務め、『★』以外にも、世界中で論議を引き起こした白いスクエアがデザインされた『ザ・ネクスト・デイ』(The Next Day / 2013年)、『ヒーザン』(Heathen / 2002年)、『リアリティ』(Reality / 2003年)、『ラザルス』(Lazarus / 2016年)、『ノー・プランEP』(No Plan EP / 2017年)、「DAVID BOWIE is」日本展オフィシャルストアにて限定販売されている12インチシングル「★」のアートワークを手がけています。

 

また、大回顧展「DAVID BOWIE is」にて、バーンブルックはキュレーターのアーティスティック・アドバイザーとして関わり、ショー、カタログ、ボウイのベルリンで過ごした時間に焦点をあてた“the black and white years”(ベルリン時代)に関するセクションのビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)をデザインしています。

 

バーンブルックにはこのイベントで、デヴィッド・ボウイはもちろんのこと、「DAVID BOWIE is」、さらに自身が担当したセクションについて語っていただきます。多くのクリエーターをはじめ様々な方に是非、ご参加いただきたい内容となっています。

 

なお、『ノー・プランEP』の国内盤発売日である、明日3月22日(水)よりイベント参加抽選会がボウイ展会場にて開始、またジョナサン・バーンブルックがデザインした『★』、『NO PLAN EP』のアートワークを使ったTシャツ、『★』のアートワークを使ったシルバーポーチ、ハンドタオルが、「DAVID BOWIE is」日本展限定販売グッズとしてオフィシャルストアにて販売開始となります。

 

開催概要

タイトル: 「DAVID BOWIE is ジョナサン・バーンブルック プレミアム・トークショー」

日程: 2017年4月6日(木) 開場21:00/開演21:30/終演22:30(予定)

場所: DAVID BOWIE is CAFE

住所: 東京都品川区東品川二丁目6番10号 寺田倉庫G1ビル1F

招待人数: 70名

 

≪抽選について≫

期間: 2017年3月22日(水)10:00~3月31日(金)21:00

抽選会参加対象: 抽選会に参加される当日の大回顧展「DAVID BOWIE is」日時指定前売りチケットまたは、当日券をお持ちの方。

抽選場所: 「DAVID BOWIE is」当日券売り場(東京都品川区東品川二丁目6番10号 寺田倉庫G1ビル1F)

注意事項:

*抽選会は各日、定員に達し次第、終了致します。

*当選者ご本人様のみのご招待となります。

*会場までの交通費はご当選者様の自己負担となります。

*イベント当日の声・写真・映像などを、後日TV等の各種メディア及びホームページ/SNSなどのオンライン・メディア等への掲載や、商業目的等に、制限なく無償にて使用させていただく場合がございます。

*未成年の方は保護者の了解を得た上でご参加ください。

*都合によりイベント時間/内容の変更や、やむを得ず中止させていただく場合がございます。なお、万一、これによりご当選者様に損害が発生しましても、主催者は一切責任を負いません。

 

 

ジョナサン・バーンブルック(Jonathan Barnbrook)

1966年生まれのグラフィック・デザイナー、ジョナサン・バーンブルックと彼のスタジオは、英国で最もよく知られたデザイングループの1つで、2000年以降、デヴィッド・ボウイのアルバム・アートワークのメイン・デザイナーを務めている。ボウイの亡くなる2日前に発表され、第59回グラミー賞「最優秀レコーディング・パッケージ」(Best Recording Package)を受賞したアルバム『★』(Blackstar / 2016年)や、世界中で論議を引き起こした白いスクエアがデザインされた『ザ・ネクスト・デイ』(The Next Day / 2013年)を含め、『ヒーザン』(Heathen / 2002年)、『リアリティ』(Reality / 2003年)、『ラザルス』(Lazarus / 2016年)、『ノー・プランEP』(No Plan EP / 2017年)、「DAVID BOWIE is」日本展にて会場限定販売されている12インチシングル「★」のアートワークを手がけている。

大回顧展「DAVID BOWIE is」で、バーンブルックはキュレーターのアーティスティック・アドバイザーとして関わり、ショー、カタログ、ボウイがベルリンで過ごした時間に焦点をあてた“the black and white years”(ベルリン時代)に関するセクションのビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)をデザイン。実験的な書体でも知られているバーンブルック達は、その他の作品としてイギリスの現代美術家、ダミアン・ハーストなどのアーティストのブックデザイン、六本木ヒルズや森美術館のビジュアル・アイデンティティなども手がけている。

http://www.barnbrook.net/

 

★3月22日(水)販売開始 「DAVID BOWIE is」日本展限定販売グッズ

※デザイン・仕様・販売開始日等は変更になる可能性がございます。予めご了承下さい。