NEWS

『★』(Blackstar)12インチ・シングルをカラー・レコード盤で会場限定販売!

この度、『DAVID BOWIE is』の開催に伴い、デヴィッド・ボウイの12インチ・シングル盤の日本展会場限定販売が決定しました。

 

今回音源として選ばれたのは計3曲、今年1月8日(金)に発売されたオリジナル・アルバム『★』(Blackstar)より、タイトル曲のアルバム・ヴァージョンをSIDE1に、SIDE2には「ラザルス」と「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のラジオ・エディット2曲を収録。赤いカラー・レコード盤、ボウイのオリジナル・ポスター(590 mm x 884mm)、歌詞、対訳、解説付、日本制作での完全生産限定盤。先日発表された日本会場限定販売となる「レディ・スターダスト/クリスタル・ジャパン」を収録した7インチ・ピクチャー・ディスクに続く第二弾の会場限定販売音源となります。アルバム『★』からアナログ盤でのシングル・リリースは世界初。貴重な1枚になる事間違いなし。

 

今回の美しいアートワークは、『ヒーザン』、『リアリティ』、『ザ・ネクスト・デイ』など2000年代に入ってからの作品を手がけ、先日『★』のデザインで来年のグラミー賞“べスト・レコーディング・パッケージ”部門にノミネートされたジョナサン・バーンブルックによるもの。デザインに関してジョナサンは『前世紀最高のアーティストのひとり、デヴィッド・ボウイにふさわしいものを作ろうとしたんだ。僕は彼のファンがどんなものを気に入るかいつも意識している。今回はデザインがとてもシンプルなだけに、細部に至るまでパーフェクトである必要があったね。レコード盤をジャケットから取り出すと出てくる「無限大」のシンボル(∞)がとても重要だった。「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」の中で、永遠に生きていたいという彼の強い願い、そして彼がもうこの世に居ないながらも、僕たちにはいつまでも彼の音楽があることを象徴しているんだ。』と語っています。
大回顧展『DAVID BOWIE is』にも関わりが深く、図録や会場のパネルのキュレーションなども行っているジョナサン・バーンブルックの展覧会やボウイに関するコメント全文は、COLUMNにて掲載中。
http://davidbowieis.jp/column/18134/

 

%e2%98%85-12-single-vinyl3d

 

リリース情報

日本会場限定盤「★」12” SINGLE VINYL

品番:SCJ7 1

定価:¥3,333+税

仕様:完全生産限定盤 / カラー・レコード(赤)/ 歌詞・解説・対訳付 / オリジナル・ポスター封入/3曲入り